newkk (newkk) wrote,

「オカザイル」復活…HIROへ惜別

ルに及ぶ幅の道が高い壁に守られて続く。街道は南端をツィーゲ、北端を帝国の交易都市ロビンとし、各国が共同で整備して維持されている。

この街道に出入り出来る都市は例外無く高い壁に守られ、場所によってはこの道が通るから作られ、発展した都市まである程だ。

商人が大量の物資を安全に運ぶ為、国の重要人物が安全に移動する為、念話を用いることの出来ない内容や重要な情報を記した手紙を迅速に届ける為、様々な用途でこの街道は利用されている。
ナイキ スニーカー 激安
使用にはそれなりの金が要求されるため、通行者に冒険者の姿はほとんどない。あっても、この街道を使って尚安全を求める奇特な人物の護衛などだった。

また、各種中継地点となる街には転移魔法陣が設置されており、転移は街道を繋ぐ街を次々に転送されていく形になっている。

今日ツィーゲを発ったライドウは、街道を歩くのではなく、転移魔法陣を乗り継ぎで遠く学園都市を目指して旅立った。だがその中継点も、目的地すらこの街道沿いにある。壮年の男と、付き従う黒服に身を包んだ男が目を向ける先に間違いなく彼はいるのだ。

「まったくです。休みなく乗り継ぎをしたとして、学園都市に付くのは三日程でしょうか」

「だろうな。しかしリサも娘たちもせめて見送り位はくればいいものを。多少、髪が短いくらいライドウ殿は気にせんと思うが」

「女性には女性の考えがおありなんでしょう」

「ふむ、そんなものか。でな、モリス」

執事である男性に話題の切り替えを求める男。その目は知己を見送る男のものでも、家族を想う父親のそれでもなかった。

「なんでしょうか?」

モリス、と呼ばれた男も察したのか幾分硬い様子で主人に応じる。

「巴殿と、澪殿な。お前から見て、どう見る?」

「力量では、どちらもお手上げですな。商売でお相手するなら澪様の方が楽でしょうが、結局後でしこりの残るやり方は出来ません。レベルに見合ったお方たちかと」

「……そうなるか。まぁ、軒先を借りる身は弁えている、と言ってくれた巴殿の言葉を信じる他は無いな。うちの店で常駐するクズノハ商会の連中についてはどうだ?」

「何度か話をした限りではドワーフの方は、職人、ですな。巴様と一緒に一度だけ見えた方は見た所ではヒューマンのようでしたが褐色の肌に赤い瞳という点を見ると亜人ではないかと思います。礼節はありますし、特に問題を起こしそうには見えませんでしたな」

「ライドウ殿はヒューマンを雇わない心算か?」nike 靴

レンブラントは首をかしげる。彼が従者としている巴、澪はヒューマンのようだが、他は亜人ばかり。ドワーフといい、特徴を聞く限りでは人に近い容姿の者が多いようだがヒューマンの従業員はいないようだ。

「今のところ巴様と澪様だけのようですな。彼は様々な亜人の言葉を知るようですしコストや能力を優先的に考慮しているのかもしれません。私が話した印象ではありますが、差別というものを嫌っているように感じられました」

「能力に、コストか。確かに危険な場所柄、ツィーゲでは能力主義も受け入れられつつある。そう考えればおかしくもないのか。私自身、優秀なら亜人だろうが気にならんからな最近は」

「……いずれ、人と亜人の間で好ましくない争いが起きる時期が来るのかもしれませんが。その傾向は確かにあります」

モリスは若干の憂いを感じさせる口調で主の考えを肯定した。亜人の立場が上がりすぎればヒューマンとの間に軋轢が生まれる時が来るのではないか、彼はそこを心配していた。

「少なくともクズノハ商会は、今は起爆剤にはならんだろうがな。まだ本拠としての
http://www.shoessresume.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments